オリジナルの名刺を作る人が増えていて、メリットとしては相手に自分を強くアピールできるところです。ただ名前や所属しているところだけでは、記憶に残らない場合もあるはずです。特に営業に関しては自分の存在をアピールする、記憶してもらうところから始める必要が出てきます。営業をはじめ、企業人として社外の人間と知り合って大切なのは存在を認識して記憶してもらうことです。それゆえ手持ちのアイテムも大切にする必要が出てきて、デザインは重要なものとなります。人気のラインナップとしてはシンプルでありながらワンポイントに拘ったもので、企業人としては派手になり過ぎてもマイナスになるので、バランスが重要になります。企業のロゴをアレンジしたものなど、ワンポイントが人気です。

自分自身のアピールも加えましょう

オリジナルの名刺をデザインする場合、勤め先のロゴをデフォルメしてワンポイントにするのがよく、渡した相手の記憶に残りやすい効果があります。また最近は顔写真を加える人も多く、それによって顔と名前が記憶されるので、より強くアピールすることが可能です。ただデザインが重要になってきて、写真ばかりが目立つと品がなくなってしまい、マイナスのイメージを与えてしまう場合もあります。それゆえ写真を入れる場合はあまり大きすぎず、シンプルさを心掛けてください。またレイアウトも大事で、勤め先によってそれぞれ異なってきます。渡した時に不愉快感を与えることなくアピールできる、目指すのはそういったところです。ただ目立てばいいだけではなく、不快感を抱かせないところがポイントになってきます。

素材にもこだわってみるのがおすすめです

オリジナルの名刺を作成する際に、デザインやレイアウトに拘るのは当然です。ワンポイントや文字のフォントなどさまざまな項目があり、写真やワンポイントなど気を付けるべき点は多くあります。その中で使用する紙というのも大きく、和風に関連する企業なら和紙を利用してみるのもおすすめです。渡されたときに手触りが違ってくるので、感触という意識が加わるのでアピールに繋がってくれます。ただコストがかかってくるので無理をする必要はなく、まずは見た目のデザインから考えた方が難易度は低いです。しっかりと自分のこだわりを持って作るとアピールにつながり、自分自身をしっかりと覚えてくれます。社会人になり仕事に就いた時、会社から配られるのではなく自分で作る時には注意すると良いものが作れます。