サラリーマンは通常、会社から支給される名刺を使用しています。けれどもセールスなどで売り上げを出す必要がある場合、そのような変哲もないものでは心許ないと感じることがあります、そのような場合に、自分だけのオリジナルのものを作るという方法があります。個性的なオリジナルのものを作ることで、アピール力が全く異なります。しかしながら自腹で作るとなれば、コストはできる限りかけたくないものです。そこで極力労力もお金もかけずに済むような方法を知っておくと便利です。方法としては、自分で作成する場合と印刷業者を利用する場合とがありますが、それぞれに特徴も利点も違います。その違いを良く理解した上で、自分にはどの方法が合うのかを考えて作成することが大切です。

自分で作成する場合のポイントについて

オリジナルのデザインによる名刺を自作するのは、案外と簡単です。まず無料で提供されているデザインテンプレートをダウンロードし、そこに必要な文字を打ち込んでプリントするだけで終わりです。パソコンとプリンター、そして印刷用紙を用意すれば作業できます。ただし家庭用のプリンターで出力したものは、印刷業者で作成したものと比べると精細さには欠けます。また耐光性に関しても課題があるので、しっかりとした品質で必要ならば不向きと言えます。けれどもサークル仲間と交換する程度であれば十分ですし、実に多くのテンプレートを入手することができるので、色んなデザインを楽しむことができます。元々大量に作成する必要もないのでインク代や印刷用紙代もそれほど気になることはありません。

印刷業者に注文する方法について

印刷業者でも、独自性のあるデザインによる名刺印刷を扱うところがあります。データがあれば入稿することでレイアウトしてくれます。また業者でも色んなパターンのものを用意しているので、好みのものを選ぶことができます。家庭用プリンターの出力によるものと比べると、品質が高いのが特徴と言えます。さらに加工を施すことによって、さらにオリジナリティを高めることも可能になります。例えば箔押しやエンボス加工などといった高級感を生み出すものも利用できます。信頼性を求まられる仕事に携わっているならば、そのような高級感を演出するものを独自に作成するのも良いでしょう。趣味で使うというよりもビジネスの場において、取引のチャンスを増やすように活用できるものを作成することができます。